×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

吃音の改善法

吃音とは

 

 

『吃音(きつおん)は治らない』

 

医学部で、きつ音を勉強するとき、基本的な概念として、そう教わります。

 

だから耳鼻科医のなかには、きつ音の治癒や軽減は「あるはずがない」と思っている人もいます。

 

本当に、きつ音は治らない。改善は期待できないのでしょうか。

 

都筑澄夫教授の臨床試験では、36%の人が治っています。再発することもまずありません。また完全に症状がゼロにはならないものの、辛さはなく、日常生活に支障がないケースも38%あります。

 

つまり、あわせて74%程度は治る、またはそれに準じた状態です。

 

だから治りにくいひと、治らないひとも確かにいるけれど、吃音は治らないとは言えません。

 

 

■吃音症とは■

 

言葉がうまくでない、早口になってしまう、詰まってしまうこと。頭の中で「こう話そう」と思った言葉がパッとでてこない状態。

 

幼児の5%、成人の1%に見られるといわれます。

 

自分の意思とは関係なく、言葉が出にくくなる症状です。

 

挨拶なら

 

「ここここ、こんにちは」
「こーんにちは」
「・・・・こ」

 

のように、最初の音を繰り返す。伸ばしてしまう。言葉に詰まってしまうなどします。

 

このサイトは、誤解や当事者間でも隔たりのある、きつ音の原因、症状、改善法など、わかりやすくまとめました。

 

きつ音に悩むあなた、またご家族の肩の荷が少しでも軽くなれば幸いです。

 

>>原因があるもの、ないもの

 

 


>>【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム